一番安い引越し業者を無料見積もりで選びましょう!

引越し業者は無数にあり、条件によりどの引越し業者が最適なのか変わってきます。
なので、引越し見積りは1社のみではなく、複数社に見積もりを依頼することで料金を大幅に値引きできます。

↓引越し見積もりサイトの人気ランキングを参考に、まずは一括見積もりをしてみましょう↓
(2015年時点のランキングになります。)

【1位】引越し侍


【2位】ズバット引越し見積もり


【3位】引越し価格ガイド


引越しをしなくてはいけなくなった場合、引越し先が決まったら、次に考えるのは「引越し日」。
この「引越し日」を決める時点で安く引越しを出来るかの勝負は始まっているのです。

比較的、土曜日や日曜日に引越しを考える人が多いと思いますが、平日が狙い目です。
平日を選ぶ事で、割引があったり、最大では半額といった場合もあるようです。
一年で最も引越しが多い月は、やはり3月4月でしょう。
その月を避けることで、料金の割引を受けられるというのも頭に入れておくとよいでしょう。

次に「作業員の人数」です。
基本的に、その家の荷物の量により作業員の人数は決まります。
作業員の人数が多くなれば料金もその分増えるという訳です。
もし、引越し先が近い所であれば、自分で運べる物は運んだり、自家用車に乗りそうな物は自家用車で運ぶなど、荷物を少しでも減らす事が出来れば作業員の人数を少なく出来ると思います。

そして「引越し時間」。
この引越し時間ですが、午前中などは、料金が高くなると思っていいでしょう。
午後は、午前に比べると少し安くなると思います。
一番安くという人は、「お任せ」というのがあります。
引越しの時間は、業者にお任せという事になります。
しかし、引越し業者は、一日に多くて、3件ほどの引越しを掛け持ちする事もあります。
その場合、一番最後になると、時間が予定より遅れたりすることもありますし、業者も人間ですから、疲れなどから作業に時間が掛かったりする事もあります。
それと、引越し先など遅い時間に作業されると、近隣の迷惑になるという理由から、懸念されることもありますから、この「時間」は、自分だけの判断ではなく、引越し先や業者をきちんと話をして決めると、意外と安くなるポイントになるのではないでしょうか。

ファミリータイプの引越しでは、平日の引越し、作業員の調整、時間帯といった引越し価格を安くする方法に合わないケースも多いでしょう。
しかし、あきらめてはいけません。
これ以外にも、少しでも価格を安くできる方法があるはずです。
ここで紹介した3つのポイントは、どちらかと言うと一人暮らしの人にお勧めできる料金を安く出来る方法かも知れません。
でも、これを頭に入れて引越しを考えるとお得に引越しが出来るはずですよ。

1円でも安くを目指してまずは見積もり依頼をしてみてはいかがでしょう。